クリニックで働く看護師の労働環境の悩み

クリニックというところは、外来のみの診察をしていることが多いです。そのため、朝9時ごろから開いて夕方19時ごろに閉まるところが多く、それに合わせて常勤の看護師は、朝から夜までの長時間になることもあります。またパートの看護師の場合は、午前だけ午後だけと時間を区切って働くことも少なくありません。ある程度大きなクリニックであれば、医師の数も多く、看護師数も多く在籍します。そのためもし自分が急に病気になった、子供が急に熱を出したという場合でも休みを取ることも可能でしょう。

しかしながら医師は一人、看護師の数も限られているというクリニックでは、一人が休むとほかの人への負担がかかるので、急に休みを取ることが出来ない場合があるのです。看護師という仕事は、忙しく、外来は特に多くの患者が訪れるため、医師に指示される処置の数も多いです。休むと負担がかかるので、休みが取りにくいと理解をしている人も多いですが、やはり突発的なことに対応できない場合は、労働環境をもっと改善したくれたらと強く望むようになるでしょう。

また古くからあるクリニックでは、経営が家族ぐるみで行っているところもあり、人間関係が密なところもあります。つまり外部から入った人はなかなかなじみにくく、古くからのやり方で、また古くからの習性で仕事をしていることもあるのです。そのような場合には、外部から入った人はいろいろな面が目につくためにこのような労働環境は変えてほしいと悩みを持つようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です