複数で訴えるのが重要な労働環境の悩み

看護業界では仕事の性質と人材の不足の影響を受けて過酷な労働環境ができてしまっている職場が多いのが実情です。衛生環境こそ整っていて、病気への感染などに配慮した諸々の設備や機器が揃えられているのが一般的ですが、細かな点を見ると配慮が足りていないと感じる場合もあります。その改善を求めたいと考えても一人の意見では受け入れられないことが多いため、労働環境が悩みに感じられてしまったら工夫をするのが大切です。

悩みをそのまま放置して我慢し続けているとストレスの原因にもなります。不満点はできるだけ速やかに解決するように努めるのが前向きな姿勢を保って働き続けるために重要でしょう。一人ではだめなら複数で訴えかけるのが効果的です。同僚と休憩時間や夜勤の時間があるときなどに話題提供をしてみて、自分が不満に思っている点をどう考えているか聞いてみると良いでしょう。それで直接的な解決策を教えてもらえる場合もあります。

一方、同じ悩みを抱えているとわかれば仲間となって上層部や組合に問題を訴えかけるのに協力してもらえる可能性があるのです。そうやってネットワークを広げていき、複数で問題提起をして解決を求めるのが最も効果的な方法になります。一人では受け入れてもらえなくても数人いれば誰もが考える問題かもしれないと捉えて具体策を立てたり、現場調査を行ったりしてくれます。このようにして上層部を動かせれば労働環境の改善につながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です