看護師業界における労働環境の現状

看護師業界の労働環境は、一般的な中小企業に比べれば優れていることが多いかもしれません。確かに残業が多く、夜勤もあるので生活リズムが崩れがちなのが悩みではありますが、民間企業によくあるサービス残業はほぼないと言えます。残業をした分だけきちんと給料が上積みされますし、夜勤の場合には相当大きな手当が付きます。さらに言えば、夜勤の翌日は休みになりますから、きちんと管理することで体力面にも不安はありません。きちんと休める環境を整える職場が増えてきたため、疲れたままで仕事をして患者さんを危険に晒すことは以前より少なくなってきました。

昔は労働環境もひどく、徹夜をした後にまた仕事をしなければならないケース意外と多くありました。ただ、今ではそうしたことは医療ミスに繋がることとして、多くの病院で禁止されています。働く人たちのことを考えた職場が多く、そのことが医療サービスの質を向上させている側面もあります。とはいえ、看護師は深刻な人材不足のせいで、一人一人の仕事量が増えています。専門的な知識を勉強して国家資格を取得したにも関わらず、雑用を任されることも多く、そのことに納得できずに辞めて行く人も多くいるのです。

今後は、医療スタッフの心のケアまで考えて、より充実したサポート体制を築き上げていく必要があるかもしれません。また、女性が多い職場なので、結婚や出産、育児についてのサポートも充実させていく必要があるでしょう。現状でも割と恵まれてはいますが、日本の医療を推進していくためには、さらなる改善が求められています。